日曜日キャッシングをするならカードローン


土日にお金を用意するなら

土曜日や日曜日はレジャーやデートに出かけることも多いので、思いのほか出費が発生してしまったということも少なくありません。 そして急な葬儀などでお金が必要となったときも休日となると融資に対応してもらえるかは心配なところです。

休日にお金を用意したいという場合はまずは、クレジットカードをチェックしてみましょう。 キャッシング枠を設定しているのなら、新たに申し込みの必要もなく、すぐに提携ATMからお金を用意することができます。

そして、資金を用意するのが翌日以降でも良いのであれば、キャッシングやカードローンに申し込むという方法もありますので検討してみるのも良いでしょう。 店舗は休日には休んでいても、インターネットや電話なら365日24時間対応で申し込みが行えますので、申し込みを事前に済ませておけば、週明けには振り込みを行ってもらうことも可能です。 そして、すぐに現金を用意したいというのであれば、無人契約機を活用するという方法もあります。

消費者金融や銀行のカードローンでは無人契約機に対応しているところもあり、そうしたところを利用すれば、画面の指示にしたがって手続きを行っていけばその場でカードを入手できます。 カードが発行されれば、併設のATMですぐに利用が可能となりますし、提携のコンビニATMや銀行ATMで利用できるようになりますので、すぐに現金を用意したい場合などもとても便利です。 そして無人契約機の場合は24時間対応ではありませんので、営業時間事前に調べておきましょう。

<お金を借りる方法【お金を借りたいときに便利】>

カードローン豆知識 ~借入限度額(利用限度額)ってなんだろう~

金融機関は、お客さんが望むだけ無限にお金を貸し付けてくれる、ということはありません。どの金融機関のキャッシングの広告を見ても「限度額最大○万円」などと表示がしてあるはずです。借入限度額(利用限度額)がもうけられているのは、これはお客さんの返済能力に超えた金額での融資が返済のトラブルにつながり金融機関の損失につながってしまうことを防ぐためです。

借入限度額は金融機関のほうで設定します。 お客さんは決められた限度額を超えない範囲でキャッシングを利用することができます。 この金額は個人によっても異なります。 金融機関のほうではお客さんの返済能力を審査で判断した上で、返済能力に適した金額を設定するのです。

限度額設定に関する基準は金融機関によって異なりますが、基本的には年収の高い人や個人信用情報に問題のない人は返済能力が高いとみなされ限度額が高くなりますが、年収の低い人やネガティブ情報のある人は限度額が低くなる傾向があります。 また貸金業に該当する金融機関(消費者金融など)では総量規制により限度額は年収の3分の1までとなっています。 審査で返済能力が低いと判断されれば、年収の3分の1よりも低い限度額しか設定されなくなります。 限度額の設定があまりに低いと実際に使う際に不便だということも出てくるかもしれません。 しかし限度額が低く設定されたには理由があります。 設定された限度額の範囲内で上手に利用することが大切だと言えます。

このページのトップへ